借金整理の手だて

特定調停による処理も任意整理による方法と変わりなく、それらのお金の貸し手への返金を続けることを前提とした借金を整理していく手だてになります。

他の表現でいうなら裁判所がやる負債の整理といえます。

 

特定調停という方法も任意整理による手続きと同じく、自己破産とは異なり一部の借金のみをまとめていくことができるため、連帯保証人が関与している負債以外だけを検討する時やクルマのローンを別として検討したい際等でも使用することも可能になりますし全ての財産を手放してしまうことは求められませんので貴金属や住宅などの財産を持っていて、処分してしまいたくない場合でも有力な選択肢になる債務整理の方法となっています。

 

しかしながら、今後の返済額と実際として可能な給与等の収入をかんがみて適切に返済が見通せるようならこの処理を進めることは可能ですが破産のように借金自体がなくなってしまうのではありませんので、負債の額がかなりある場合には実際的にはこの特定調停という方法を取るのは困難であるということになります。

 

いっぽう、公的機関が間に入りますので司法書士等にお願いしなくても立場が弱くなってしまうようなことにはならないことや費用を減らせるという利点は注目できますが、債権者それぞれの催促に対して債務者本人が対応していく必要があることとか、実際に裁判所に幾度も通うことが求められるというような注意点もあります。

 

また、任意整理と比べると、最終的に和解に達しない場合は利息をすべて含めた状態で支払っていかなければいけないといったことや結果としては貸方へ支払っていく総額が任意整理による処理に対して増える傾向にあるなどのデメリットもあります。