"小保方さん"ではなく"STAP細胞"を

どうしてこの国は女性を"一人の労働者"として見てくれないのだろう。STAP細胞をめぐる一連の報道を見聞きすると、いつもこのようなやるせない感想を持つ。小保方さんが一人の素敵な女性であることはひとつの見方であることは確かだ。しかし、注目されるべき肝心の論文の審議過程や捏造と疑われる部分の、メディアの解説が不十分だと思われて仕方ない。小保方さんの人となりや姿を、まるで見世物のように報道するのはいかがなものかと思う。脱毛ラボ 無料カウンセリング 予約